大阪市の提案型税理士事務所です。安いだけの税理士事務所の時代は終わりました。月次資料(16種類以上)と経営計画書で会社を強くし、金融機関からの評価が高くなります。補助金等の情報も提供します。

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!

銀行格付無料! 土日夜間対応可
お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

ブログ

事務所ブログ

2017.07.24

未来会計

通常、会計は過去会計です。

過去の業績がどうだったかを数字で表しています。

過去会計は「あ、そう」で終わります。

それがいいの?わるいの?が知りたいのです。

だから、どうしたらいいの?が知りたいのです。

未来の会社、事業に対し、ワクワクする様な会計が必要です。

そのためには準備が必要です。

大阪市の西川税理士事務所では「未来会計」は対応可能です。

2016.08.30

納税協会の研修講師

昨日は納税協会の研修講師。

テーマは「間違い易い交際費の税務」

今、中小法人では800万円までは損金算入。

800万円を超えると会計上は費用になりますが、税金上は費用となりません。

中小法人でほぼ800万円を超えることはありません。

今回出席者のほとんどは大法人又は大法人の子会社の経理の方でした。

次回は大法人又は大法人の子会社に向けて資料を作成します。

 

2016.06.03

月初は近くに神社に行ってます

毎月の月初は近くにある神社にいってます。

大阪市浪速区の今宮戎駅の近くに私の税理士事務所があります。

近くにえべっさんで有名な今宮戎神社があります。

そこから近くに氏神様もあります。

二つに毎月月初にいっております。

バタバタしていますがその中でも参るとすがすがしい気分になります。

 

 

 

2016.05.28

「ふくや」の創業者と斎藤一人さん

先日テレビ番組のカンブリア宮殿で、福岡の明太子の「ふくや」を照されておりました。

創業者である父は納税地の管轄内で高額納税者でした。

創業者である父に息子達が、「この様にすれば節税できる」と提案したそうです。

創業者である父は「節税するより税金を払いたい」と仰ったそうです。

私も同じです。節税して無駄な経費を払うより税金払った方がお金が残ります。お金が必要な節税はしたくありません。意味ないですから。

10年連続日本で10位以内の高額納税者であった斎藤一人さんも同じことを仰ってます。

「ふくや」の創業者も斎藤一人さんも大成功している人の考え方は同じですね。

私も成功ではなく大成功したいです!

2016.05.28

商売、事業の不安をどう克服するか

商売、事業をしていたら、不安、恐れはあります。

それは将来に対する不安、恐れだと思います。

ピンチはチャンスです。

最大のピンチは最大のチャンスです。

将来の不安、恐れの元であるピンチはチャンスです。

そのピンチの時にどのような事をするかでチャンスになります。

将来のピンチはチャンスなので不安、恐れを持つ必要はありません。

そのピンチの時にどのような考え方で何をするかでとんでもないチャンスになると思います。

2016.05.28

私の贅沢

私は高級な、美味しいものを食べたいとあまり思いません。

商売上招待が必要なため、高級な店等は知ってますし、何回も行ってます。ただ、自分から進んでその様な店に行こうとは思いません。

味音痴なので高級すぎるものは違いがよくわかりません。

私は帰宅する特急の中でお酒を飲むことが月に数回だけあります。

特急に乗っている時間は20分ぐらいで、わざわざ特急乗る距離でもありません。それでも乗って、その20分間で少しのお酒を嗜むことが唯一の贅沢です。

一人で美味しいところに食べに行く、おね~ちゃんのところに遊びにいくより、帰宅する特急の中でお酒を嗜むことが最高です。

 

 

2016.05.26

お客様から嬉しい話が聞けました

お客様の会社に銀行の方が来られて、私が作成している試算表を見られました。

銀行の方は「こんな試算表見たことない、優秀な税理士さんなんですね」と仰られたそうです。

私が作成してお渡しするのは、個人事業者なら5種類、法人なら12種類です。

もちろん、お客様のご要望に合わせます。必要不必要、又はお客様の反応見てお渡しして説明します。

まだまだ改善して増やしていきます。

2016.04.26

今日の従業員さんのブログはおもしろい!

今日の従業員さんのブログは面白い!

こちらから

なので、今日は何件か電話がありました。

でも今日、勇気を持って電話されたのは凄いですよ!

そのちょっとした行動です。

その行動の積み重ねで5年後、10年後の自分が大きく変わるのです。

自分を変えるのはちょっとした行動の積み重ねしかありません。

 

PAGE TOP