大阪市の提案型税理士事務所です。月次決算書(16種類以上)と経営計画書で大阪市の中小零細企業を強くします。実績、自信があります。会社が変わります。金融機関から経営者、会社の評価が高くなります。しっかり説明するので税務調査も安心です。契約継続率は非常に高い(解散、休止以外なら99.2%)です。西川税理士事務所

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!


 

 

 


<

お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

今年残りの受注可能法人数 6社

 

商売に専念できる! 少人数の方におすすめ!

そのまま渡すだけのコースも用意しております。

請求書や領収書、通帳等をそのまま弊社に渡すだけのコースも作成しております。少人数でやっていてどうしても時間がない、お金を払ってでもお願いしたい、その様な方にお勧めです。基本的には弊社が訪問し資料を預かります。何もすることはありません。仕事に専念できます。但し、銀行振込は弊社ではいたしません。お客様の方で銀行振込はお願いいたします。

個人事業者は65,000円/月~(年間100万円以上)、法人は95,000円/月~(年間160万円以上)、決算料、給料、年末調整等は別途必要です。

※仕訳数とは請求書、領収書、通帳の1カ月当たりの取引件数(銀行の件数ではない、1取引毎)、カードの1カ月当たりの取引件数、給料の人数等の合計数(従業員3人程度なら100件から150件程度が多いです)

  1ヶ月の仕訳数※ 50件以内 51~100件以内 101~150件以内 151~200件
個人事業者 1ヶ月の料金(税抜) 65,000円 70,000円

75,000円

80,000円
法人 1ヶ月の料金(税抜) 95,000円 100,000円 105,000円

110,000円

こんな悩みをお持ちではないですか?

  • 現金帳をつくる時間がない      
  • 仕事に専念したい          
  • 記帳代行の資料を作るのがめんどくさい
  • 経理作業はしたくないけど数値は把握したい

 

  

一般的に会計事務所に記帳代行を依頼すると、現金帳、預金帳、売掛帳、買掛帳の作成が必要です。

特に現金帳の作成が本当に面倒なはずです。
紙やノートに張って、実際の現金有高と現金帳を合わさないといけません。
預金帳は通帳から転記して何に支払ったか、
どこから入金があったかを書かないといけません。
経営者にとって無駄な作業が必要になります。
この作業は利益を生みません。

 

少人数で儲けている場合この作業するよりは儲けることに時間を費やした方が絶対にいいです。

 

弊社はお客様にこの作業をさせません。

ズバリ、渡して請求書領収書の内容を簡単に伝えるだけです。
これで弊社が作業を行います、
本当に楽です。

 

こんな方におすすめ!

  • 一人で商売されていて今後規模を大きくしたい方
  • 従業員5人未満で現金帳や預金帳を作成する人がいない方
  • 家族経営で奥様が現金帳や預金帳を作成している時間がない方
  • 経理処理にまったく時間がとれない方
  • 税金、経理がまったくわからない方
  • 少人数でしているが利益をもっと増やしたい方

商売の基本的な考え方としてお金を使って時間を増やす

弊社にそのまま通帳、領収書等を渡せば大切な時間は作れます。但し、弊社への費用は当然発生します。これを安くやってしまうと、弊社の対応が悪くなります。誰でも考えたらわかると思います。安くして自爆している税理士事務所は多いです。そうすると商売が成り立ちません。固定費をケチりたい方、少しでもお金を払いたくない方はこれには向いてません。

 

 

―――――――――――――(この線は編集時のみ表示されます)

―――――――――――――(この線は編集時のみ表示されます)

お客様の声

―――――――――――――(この線は編集時のみ表示されます)

―――――――――――――(この線は編集時のみ表示されます)

お問い合わせ

―――――――――――――(この線は編集時のみ表示されます)

―――――――――――――(この線は編集時のみ表示されます)

PAGE TOP