大阪市の提案型税理士事務所です。月次資料(16種類以上)と経営計画書で会社を強くし、金融機関からの評価が高くなります。補助金等の情報も提供します。

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!

銀行格付無料! 土日夜間対応可
お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

ブログ

2016.03.23

独立開業した時に個人事業者が提出する書類「所得税の青色申告承認申請書」

独立開業した時に提出する書類に「所得税の青色申告承認申請書」があります。

迷いそうな点を説明します。

1.納税地・・・住所でもいいですし、事業所の場所でも構いません。

記入したところに税務署からの書類が届きます。

2.職業・・・ここはあまり重要視しなくてもいいかと思います。

飲食店の場合は「飲食店主」等でも構いません。

日本標準産業分類を参考にして下さい。

3.屋号・・・店や事業の名前です。もしない場合は空白でも構いません。

4.平成 年分・・・ここは税理士に確認して下さい。青色申告で確定申告を行いたい年度を記入します。

5.名称・・・「本店」「支店」ですが、一般的には名称は無しで事業所の住所のみ記入して下さい。

6.本年1月16日以後新たに業務を開始した場合、その開始した年月日・・・本年に開始した場合に開始年月日を記入します。前年以前に開始した場合は記入の必要はありません。

7.相続による事業承継の有無・・・相続で事業を引継いだ場合は記入して下さい。

8.その他の参考事項(1)簿記方式・・・複式簿記か簡易簿記のどちらかになるかと思います。複式簿記ならば65万円控除、簡易簿記ならば10万円控除が摘要できます。

9.その他の参考事項(2)備付帳簿名・・・複式簿記を選んだのであれば総勘定元帳と仕訳帳に丸を付けます。簡易簿記ならば売掛帳、買掛帳、経費帳とそのた使用する帳簿に丸を付けてください。

 

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP