大阪市の提案型税理士事務所です。月次決算書(未来会計)と経営計画書で大阪市の中小零細企業を強くします。実績、自信があります。会社が変わります。金融機関から経営者、会社の評価が高くなります。しっかり説明するので税務調査も安心です。高度税務も取扱い可能です。契約継続率は非常に高い(解散、休止以外なら99.2%)です。西川税理士事務所

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!


著者ページ

 

 

 

著者監修ページ


<

お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

今年残りの受注可能法人数 1社

 

ブログ

2021.09.16

会計ソフトについて

良く使われている会計ソフトとして3つの会計ソフトがあります。

2つはクラウド会計、1つは一般の会計ソフト。

この3つの中で正直使いづらい会計ソフトはあります。

うちの従業員も全く同じ意見でした。

うちのお客様の規模に合っていないかもしれません。

弊社は2つの会計ソフトをメインに使っております。

クラウド会計はオンラインのため処理は遅くなります。

請求書、給料全てをクラウド会計で行うならいいかもしれません。

その場合でも業者の請求書や領収書は手打ちかPDFで読み込ませることになり時間は一般の会計ソフトよりも掛かります。

クラウド会計を使用しているところで良くあるのが、確認が出来ていない。

殆ど残高が間違えている。特に消費税がよく間違えている。これが実態。

弊社は税理士変更はよくあるのだが、まともな会計処理がみたことない。

以前と比べるとレベルが明らかに低くなっている。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP