大阪府大阪市の提案型税理士事務所です。月次決算書(16種類以上)と経営計画書で大阪市の中小零細企業を強くします。実績、自信があります。会社が変わります。金融機関から経営者、会社の評価が高くなります。しっかり説明するので税務調査も安心です。契約継続率は非常に高い(解散、休止以外なら99.2%)です。

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!

お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

今年残りの受注可能法人数 3社

 

ブログ

2020.07.16

意味のない事業計画

計画とは将来に関する現在の決定。将来の事を予め決めてその通り実施すること。予測とは他人のやることを予め想うのであるから結果に対して責任を持つ必要はありません。

ほとんどの事業計画は予測です。計画ではありません。私の見た事業計画はほとんでが事業「予測」です。事業計画のセミナーにも参加しましたが、それも予測でした。全く責任がありません。

計画には責任があります。予測は他人のやることを予測するだけなので責任はありません。ほとんどの事業計画は予測なのです。計画は自らどのような事をするのかを決めて強い意志で実施すること。その数値に責任を持つことです。

私が関与した経営計画は責任があります。達成しなかった場合はなぜ達成しなかったのか、どうすれば達成するかを考えます。予測とは全く違います。 

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP