大阪府大阪市の提案型税理士事務所です。月次決算書(16種類以上)と経営計画書で大阪市の中小零細企業を強くします。実績、自信があります。会社が変わります。金融機関から経営者、会社の評価が高くなります。しっかり説明するので税務調査も安心です。契約継続率は非常に高い(解散、休止以外なら99.2%)です。

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!

お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

今年残りの受注可能法人数 3社

 

ブログ

2017.07.18

創業融資の基本

業融資を受けて企業する場合、事業が相当困難になります。

自己資金だけで始めるよりも数倍困難になります。

創業融資を受けて起業する場合、相当の覚悟を持って
事業をスタートして頂ければと存じます。by大阪市の西川税理士事務所

お客様「融資を受けて、独立開業を考えています」

税理士「開業資金はどうされるのですか?」

お客様「創業融資を考えています」

税理士「いくらぐらい開業資金が必要なのですか?」

お客様「1,000万円ぐらい必要です」

税理士「自己資金はいくらですか?」

お客様「100万程度です」

税理士「200万程度しか融資出来ないと思います。自己資金は開業資金の3分の1程度必要です」

お客様「1000万円の開業資金だと自己資金300万円程度が必要なのですね」

税理士「融資を受けて独立開業は結構難しいです。」

お客様「では親や兄弟から借りて自己資金を集めたらいいのですか?」

税理士「それは金融機関にばれます。通帳みればわかりますから。99%バレます。バレると今後借りれなくなります。」

お客様「自己資金は貯めないといけないのですね。」

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP