大阪市の提案型税理士事務所です。安いだけの税理士事務所の時代は終わりました。月次資料(16種類以上)と経営計画書で会社を強くし、金融機関からの評価が高くなります。補助金等の情報も提供します。

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!

銀行格付無料! 土日夜間対応可
お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

ブログ

従業員さんブログ

2018.05.30

天気

人の心にも
晴れの日もあれば
雨の日もありますね。

しとしと雨が降って
しんみりしたい時があったり

土砂降りで
動きたくない日もある。

だけど
ずーっと 雨ばっかりじゃないです。

雨は止むし
また、陽は差します。

気持ちが落ちて
どんよりしてしまう日もあるけど

そんな時は

動いて、風をおこして
雨雲なんて吹き飛ばしてしまいましょう!

また爽やかな風が吹きます。

心の天気も
コロコロ変わるから。

心に虹をかけちゃいましょう(*‘∀‘)

2018.04.17

支援塾受講

毎月行われている『会計事務所経営支援塾』に参加しています。

税理士法人古田土会計の古田土先生のお話しは、毎回 熱弁で

引き込まてしまいます。

 

わたしは従業員ですが、参加させていただけることが有難く

支援塾では、経営に対する意識など

学ばせていただくことが、本当に多いです。

 

西川税理士事務所の『使命感』は『日本の中小零細企業を強くする』です。

 

最近は、税理士事務所の仕事も時代と共に変わってきてることを感じます。

ただ税務代行(申告)だけではなく、お客様の会社が強くなるには

”どのようにすればいいか?” を共に考え、提案できることが

喜びであり、誇りに思える仕事だと思っています。

2018.04.04

確定申告が終わった、その日に・・・

今年の3月15日。

無事に確定申告が終わり、夕方から 毎年恒例の【事務所DE打上げ】でした(´▽`*)

確定申告には期限があるため、この日が終わると

それまでの緊張から解き放たれたようで、解放的になる。

 

美味しい物を食べて、美味しいお酒を飲めると

更に充実感が増した気分になる。

 

そして、また明日からも 『がんばろう!』という活力にもなる。

 

有り難いことです!

 

2018.04.04

お花見

今年もお花見の季節がやってまいりました。

毎年恒例の【事務所DEお花見】を、3月30日に行ってきました。

午前中、昼食の買い出しのために高島屋の食料品売り場へ向かい

食べたい物を自由にチョイス!

とはいうものの・・・

先生の要望により、唐揚げと焼き魚とサラダは必須(笑)

『これ、二人で食べる量ですか?』というぐらい、色んな種類を少しずつ ♫(´▽`*)

花見がメインか? 食べるのがメインか? 分からない状態(^▽^;)

事務所近くのコンビニで、お酒とつまみも買い

タクシーに乗り込んで、いざ出発!!

大阪城公園の、いつもの場所に、レジャーシートを広げて

さっそく「乾杯」ヽ(^。^)ノ

お昼から飲むお酒は、なんて美味しいんだろう(*”▽”)

絶好のお花見日和の中、時折 風で桜吹雪か舞う。

美味しいものを食べながら、楽しい話でお酒がススム~!

途中から、さらに楽しい方が加わって

今年のお花見は、一層 盛り上がりました!(^^)!

日が落ちてきて、急に冷え込み

敢え無く、撤収(ToT)/~~~

同じ場所で、同じ木に咲く桜を見ているけど

毎年 咲く花は違う。

今年の桜も、素敵に咲き誇っていました。

また来年も楽しみです(^^♪

2016.04.26

今日の従業員さんのブログはおもしろい!

今日の従業員さんのブログは面白い!

こちらから

なので、今日は何件か電話がありました。

でも今日、勇気を持って電話されたのは凄いですよ!

そのちょっとした行動です。

その行動の積み重ねで5年後、10年後の自分が大きく変わるのです。

自分を変えるのはちょっとした行動の積み重ねしかありません。

 

2015.12.30

ありがとうございました!

今年も一年間

楽しく仕事をさせていただきました。

ありがとうございました。

 

たくさんブログも

投稿したいと思って

日々気付いたことを書き残していますが

お仕事をたくさんいただき

年末は業務に集中していました。

 

ブログを読んでいただいてる皆さま

いつもありがとうございます。

 

また少しずつ更新していきますので

来年も宜しくお願い致します(*^o^*)

 

 

2015.12.30

仕事の本質

仕事って

どれだけ
人に喜んでもらえたか

どれほど
困ってる人のお役に立てたか

その報酬として
お金をいただくこと

その仕事で

ありがとうの分だけ
お金をいただく

すべての仕事に
共通していることだと思います

 

従業員目線ではなく

経営者目線です

 

いかに人に喜んでもらえるか
いかに世間のお役に立てているか

そのことを身に沁みて感じます

 

PAGE TOP