大阪市の提案型税理士事務所です。月次決算書(16種類以上)と経営計画書で大阪市の中小零細企業を強くします。実績、自信があります。会社が変わります。金融機関から経営者、会社の評価が高くなります。しっかり説明するので税務調査も安心です。契約継続率は非常に高い(解散、休止以外なら99.2%)です。西川税理士事務所

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!


著者ページ

 

 

 

著者監修ページ


<

お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

今年残りの受注可能法人数 2社

 

会計ソフトへの簡単で早い入力方法

会計ソフトへの簡単で早い入力方法

  会計ソフトの入力に時間を掛けるのは避けましょう。  

   会計ソフトの入力の時間は利益を生みません。

  固定費を使ってでも出来る限り自動化を目指しましょう。

  出来る限り科目等を選択し摘要を入力する様な手入力は避けましょう。

     手入力を2割以下にしましょう。

 

1.預金通帳からの入力

  銀行が複数ある場合は必ず補助元帳を作成しましょう。

 インターネットバンキングからの自動仕訳設定をしましょう。

預金通帳からの入力

 仕訳辞書の活用をしましょう。

仕訳辞書

 早業bankの活用をしましょう。

早業bank

2.現金(現金帳)の入力

 仕訳辞書の活用をしましょう。

.現金(現金帳)の入力仕訳辞書

 早業bankの活用をしましょう。

早業bank

 レジポスからの自動仕訳の設定をしましょう。

レジポスからの自動仕訳の設定

3.売上の入力

 売掛帳または補助元帳から入力しましょう。

売上の入力

 販売管理システムからの自動仕訳の設定をしましょう。

  請求書が少ない場合は手入力した方が早いかもしれません。

4.受取手形の処理

  受取手形の補助元帳から入力しましょう

受取手形の補助元帳

   振替処理(受取手形/売掛金)、期日処理は仕訳辞書を使いましょう。

5.仕入・外注等の支払いの請求書からの入力

 買掛帳、補助元帳から入力しましょう。

仕入・外注等の支払いの請求書からの入力

   販売管理システムからの自動仕訳の設定をしましょう。

  請求書が少ない場合は手入力。

6.支払手形の処理

   振替処理は仕訳辞書を使いましょう。

7.給料の入力

   給与ソフトからの自動仕訳設定を活用しましょう。

8.社会保険の処理

   仕訳辞書を使いましょう。

  補助元帳から入力しましょう。

①預り金から未払金への振替

預り金から未払金への振替

②法定福利費の計上

法定福利費の計上

貸借対照表の残高を確認

  確認が一番重要になります。 

  できれば最低二回確認は必要です。 

PAGE TOP