大阪市の提案型税理士事務所です。月次資料(16種類以上)と経営計画書で会社を強くし、金融機関からの評価が高くなります。補助金等の情報も提供します。

大阪市で税理士が必要かどうかのご相談にのります。お気軽にご相談ください!

銀行格付無料! 土日夜間対応可
お問い合わせ電話番号 06-6585-9271お問い合わせはこちら

西川税理士事務所について

ホームページをご覧の皆様へ

ホームページのご欄の皆様、はじめまして大阪市浪速区の西川税理士事務所の西川弘晃です。
私の使命感は「日本の中小零細企業を強くする」です。
この使命のために毎年サービスの改善、増加をしております。
独立してまだ数年ですが、
「西川さんは命の恩人や!」「もっと早く出会いたかった」と言われてます。

西川弘晃プロフィール

奈良県葛城市生まれ、田舎ものです。小学校のときは外で遊ぶことが好き。小学校の野球部に所属。中学高校はバスケット部で体罰が酷かったのでいやいや最後まで続けました。このおかげで社会人になってから困難の仕事にも立ち向かう様になりました。

高田高校卒業後、1浪で滋賀大学に入学。浪人の時に進学校の同級生から「お前には国立大学は無理」と言われ、その言葉に奮起し、1日14時間は勉強。悔しくて悔しくあほほど勉強したと思います。現役で合格した同級生は遊んでいるのを尻目に涙しながら勉強していました。若い時に浪人という挫折を味わったおかげで今は立ち直りが早いです。それだけ勉強していたので滋賀大学の数学は満点取れました。念願の一人暮らしの大学生活が始まりました。

大学入学後すぐに父親が倒れ、仕送りなしでバイトのみで生活をしておりました。朝から夕方までは土方、夜は能力主義の塾講師で、土日は結婚式場のビデオカメラマン、深夜は新幹線のバイトしていたときもあり、勿論大学は留年です。塾講師の研修で模擬授業をし、この会社の専務に「酷い授業だ」言われました。悔しくて体が震えていました。絶対に見返してやると奮起しました。仕事の勉強を始めました。どうしたらいいかをとことん考えました。2年後に私の持った一番下のクラスの成績が2個上のクラスの成績を抜かす様になりました。アンケートの満足度は常に90%以上、バイトながら社員に負けない結果を出しておりました。大学卒業する時はこの会社の上の方から何回も入社の誘いがありましたが、もちろんご丁寧にお断りさせて頂きました。

また結婚式場のビデオカメラのバイト先の社長とよく飲みに行かせて頂きました。バイトでの仕事の経験もあり、私の中ではある程度、仕事はできると勘違いしておりました。仕事に思いやり、気持ち、愛情が入っていないとよく怒られました。よく考えたら、私はいままで自分の評価を得るために仕事をしていまいた。お客様のことを本気で考え仕事をしていませんでした。このことで中小零細企業の社長に凄く魅力を感じました。たくさんのことを教えて頂きました。仕事、経営や人としての義理人情も教えて頂きました。義理人情も学生の時は考えてもいなかった私には目から鱗でした。お客様の気持ち、立場、お客様の感情を本気で考えながら仕事をする様になりました。他人の幸せを思いながら仕事をするのはいい気分です。これを考えながら仕事をすると本当に楽しかったです。このことが今の仕事に繋がるきっかけとなりました。これだけバイトをするとさすがに収入は結構ありました。大学卒業後新入社員の給料は少なすぎて驚きました。でも大学では基礎スキー部に入部していたのでバイトしたお金は全てスキーに消えていきました。1級が目標でしたが、最終的に2級までしかとれませんでした。基礎スキー部の部員のほとんどが1級を取得しているのにさすがに情けなかったです。今までのクラブは無理矢理体罰で強制的にしていたのですが、初めてスポーツが楽しいと感じました。スキーが下手くそにも関わらず、先輩から可愛がられていたおかげで主将の大役を任せられました。今はこの仕事なので流石にスキーはできません。

大学卒業後は建設業の上場会社で4年間厳しい営業を経験しました。最後は花形部署である営業第一部第一課におりましたが、今から思えば苦い経験です。裏切りは当たり前、悪口陰口不平不満のオンパレード。私は悪口陰口をあまり言いたくありませんでした。私が人間として腐るのが嫌だからです。そのおかげで仲間外れにされ嫌な思いをしました。ずっと耐えていました。もちろんこんな会社の存在は今ありません。土日が楽しみで、日曜の夜になると気分がブルーになっていて、本当に仕事が嫌になりました。他人の悪口批判を言って他人より優越感を持つのが本当に見苦しかったです。でも自分も悪かったことがあったかもしれないと反省はしました。そこで本との出会いがありました。本を読むことによって自分の考え方や行動が格段に向上したと思います。ですが、私は大企業に合わない、人を騙して仕事がしたくないと思い、思い切って大阪市の税理士事務所に転職しました。大学の時に大変お世話になった中小零細企業の社長お客様を助けたいと思い税理士になる決意をしました。経理の経験もないので転職は厳しいものとなりました。100件近く履歴書を送ったと思います。最初は全く相手にされず、履歴書が返ってくるだけです。ようやく面接できたと思うと相手にされず落とされるだけでした。工夫改善して最後は数件合格しました。この転職で私になかった行動力を付けることができました。ガッツ、勇気、恐れない事、怖がらない事で強気、強気で強く生きることが出来たように思えます。

前職は営業だったので、仕事と税理士試験の勉強をゼロから始めました。仕事も税理士試験の勉強も猛烈に頑張りました。仕事は覚えるだけではありません。お客様は経営者です。高いレベルの仕事を求められるため、経営、集客、コミュニケーション、自己啓発等あらゆる本を読みました。もちろん税務技術や将来の会計経理等を高める為の本も読んでおりました。今まで600冊以上読んだと思います。睡眠時間は3時間~4時間ぐらいでした。お客様から飲みのお誘いもあり、勉強時間を作るのに大変苦労しました。専門学校も行っていたので仕事と勉強の毎日でした。ほぼ休みはありませんでした。1科目も合格しないで結婚し、子供も生まれました。私の仕事でお客様が喜んで頂いて、飲みの付合いもあり、家族サービスもあり、仕事、仕事の勉強、税理士試験の勉強と考えられない日々を送っていました。

仕事、勉強、父親として少し頑張っていましたが、ちょっと無理がたたって4科目合格してあと1科目のところで生死に関わる病を患いました。その時は死を覚悟しました。その当時6才と1才の子供達に本当に申し分けないと思いました。2,3年後か、数ヵ月後に子供たちは片親になり、相当の苦労をかけるかもしれない。あと1科目合格すると税理士になれるのに、途中で挫折かと思いました。その年の3月初めに手術することになり、税理士試験は一旦仕事の為に諦めました。2月初旬から手術迄の一ヶ月の間に、2月と3月の二ヶ月分の仕事をしないといけない。2月と3月は一番忙しい時期。回りに迷惑かけたくありませんでした。だから税理士試験は一旦諦めて、仕事に専念しようと思いました。この一ヶ月は本当に頑張りました。仕事の自信にもなりました。毎日の通勤中の時間は税理士試験の勉強に充てていました。でも、この一ヶ月は仕事疲れで通勤中勉強できなかったので、ずっと生死と子供達の事を考えていました。子供達の成長は天から見る事になるだろう、でも何とか生きたい、そんな事ばかり考えていました。目の前の家族、目の前の人を大切にしようと意識する様になりました。いつの間にか一ヶ月が過ぎ、入院する事になり、手術が無事に終わりました。手術の2日後に税理士試験の勉強を再び始めました。この病、この試練に感謝をしました。試練を感謝すると乗り越えられました。そして、その年に、念願の税理士試験に奇跡的に合格。29歳から始め9年後の38歳で税理士試験を合格できました。いろいろ批判や非難を浴びましたが、神様はじっと行動や考え方まで見ていると感じました。また病気で人は死なない。生まれてくる前に約束した寿命で命を全うするんだなぁと思いました。

 以前の税理士事務所に13年間お世話になり2013年6月に念願の独立開業を大阪市浪速区で果たしました。独立後最初は1人からスタートしました。1人であらゆる仕事をしました。相当大変でしたが、手術前の事を考えると何とも思いません。毎日帰宅は11時以降、土日もほぼ休みでした。独立できたのでいろんなことにチャレンジしました。当然失敗もたくさんあります。そのおかげで毎年成長できていると感じております。毎年昨年と比べると全く違います。お客様からも毎年何かいい方向に変わっていると言われます。でも1年数ヶ月が経ち、仕事の勉強ができなくなりようやく人を採用しました。優秀な方のお陰でようやくあらゆる勉強が出来るようになりました。いいことばかり起きている様に感じております。神様はずっとじっと考え方まで見ていると思いました。でも運が良かっただけです。これからも人として成長し、お客様の満足度を更に更に高め、私の事務所は今後も毎年レベルアップをしていきます。

 

一流の税理士になるには一流の人間にならないといけません。自分の人間性を高める事が凄く重要と思っております。不器用ですが心、人間性は高い志を持っております。

天の神様はずっとじっと見ていると思っております。天の神様は人の考えかたまでじっくりと見ていると思っております。私の仕事はお客様から見えないところで仕事しているから手を抜こうと思えば簡単に手を抜けます。けどお客様は見てなくても天の神様は見ているのだからお客様、他人様の為に本気で働いております。仕事以外でも同じと思っております。良いこと悪いことは全て自分に返ってくると思っています。

自分の思い通りや上手く行っていない事を少しでも心の中で他人の責任にしないようにしております。景気、時代、親、部下、上司、夫、妻、子供、亡くなった方、嫌いな人、合わない人、嫌いなグループ、同業者等少しでも心の中で他人の責任にしないようにしています。

今までいろんな人のおかげで生きてきたと思います。本当にたくさんの方に感謝、感謝です。凄く幸せに思います。けど、私はまだまだ未熟で不徳です。

 

著書 9割が結果を出す!小さな会社の脱零細マニュアル
社員10人以下の会社の今日からできる経営カイゼン。

小さな会社が零細と呼ばれる状況を脱し、
成長し続けるための必須ノウハウを
経験豊富な著者陣がわかりやすく解説します。

 

代表経歴
1971年 奈良県葛城市生まれ
1990年 奈良県高田高等学校卒
1996年 滋賀大学経済学部卒(1浪1留です。)
1996年4月~2000年6月 上場一部建設会社 営業
2000年6月~2013年5月 中谷裕之税理士事務所
2013年6月 西川税理士事務所 開設(大阪市浪速区)
その他プロフィール
家族関係 嫁、子供二人、母親
趣味 自分自身が成長できる読書
楽しいゴルフ
太刀魚釣り、ファミリーフィッシング
楽しい飲み会
尊敬する人物 斎藤一人、松下幸之助、稲盛和夫

社員が100人以下の中小零細企業、個人事業の経営者の方へ

経営者、商人は絶対に儲け続けないといけない。
お客様に喜んで頂いてその結果として売上げを獲得しないといけない。
考えて考えて考え抜かないといけない。
執着して執着して執着しないといけない。

三方良し(自分良し、相手良し、世間良し)又は四方良し(自分良し、
相手良し、世間良し、神様良し)で結果として儲け続けないといけない。
儲けることを従業員に責任転換するから利益追求主義になってしまうのです。
あくまでも儲け続けるのは経営者の責任です。経営者は儲けて従業員に給与を
支払い、納税して社会貢献をしないといけない。

経営者、商人は改善業です。改善して改善して改善していかないといけない。
儲かってない時は何かが間違えているのです。それを改善、改善していかないといけない。
智慧をしぼってアイデア出して改善するのです。儲かっていないのに、改善しようとしない、
自分は間違っていない、景気の責任にする、従業員の責任にするから、倒産という世間からの退場を
受けるのです。

アクセス

<TEL> 06-6585-9271
<FAX> 06-6585-9272

< 住所 >
〒556-0003
大阪府大阪市浪速区恵美須西
2丁目14−30

<交通アクセス>
・高野線 今宮戎駅より徒歩1分
・阪堺線 恵美須町駅より徒歩4分
・御堂筋線・四つ橋 大国町駅より  徒歩6分

Q&A よくある質問

法人の決算はいつにすればよいでしょうか?

まず考えないといけないのは資金繰りです。納税資金を考え、お金のある月に申告月になるよう
決算月を決めて頂ければと思います。現預金が豊富にあり納税資金が十分にある会社は儲ける月が
期首になるようにしてください。銀行から借入があるときは避けて頂きたい決算月はあります。
また税金だけを考えた決算月もあります。

節税の方法を教えてください。

節税の目的は現預金を増やすことです。簡単に説明します。
まずは現預金を払わないで税金を減らす事を考えましょう。まずは貸借対照表の資産の部を見て下さい。処分した、使用していない資産等はないか確認して下さい。
次は負債の部を見て下さい。払っていない請求書等を確認して下さい。
最後に現預金を支払って、損金や経費になる使い方をして下さい。これが節税の基本です。

税務調査に不安があります。

税務調査は申告した内容について間違いがないか確認するのが主な作業になります。
脱税はダメです。大きいペナルティがあります。脱税以外なら心配することはありません。
警察の強制捜査ではありません。10年以上前なら不当な税務調査は確かにありました。
ここ10年は不当な税務調査は受けたことがありません。
税務署側も紳士的な態度になって来ました。税務調査に対して過敏に反応する必要はありません。ですが、できる限り税理士に立会をお願いした方がよいかと思います。

これから独立・開業するのですが、税についてどうすればいいか全くわかりません。

本を読んで勉強するより税理士に聞いて進めた方がいいかと思います。
税や経理を勉強するよりも儲けることに時間を使った方がいいかと思います。
技術を磨いたり、儲けることにもっと時間を使うべきだと思います。

事業を個人事業者か法人のどちらで始めたらいいですか?

なるべく個人事業者で始めた方がいいです。絶対に儲ける確信があれば法人で事業を開始してもよいかと思います。赤字なら法人にした意味がありません。
リスクを考えできる限り個人事業者で事業を始めて下さいね。

個人事業者で青色申告の65万控除にするか、10万控除にするか、白色申告か迷っています。

できる限り税理士に頼んで青色申告の65万控除の方がいいかと思います。
費用は掛かりますが、その分稼ぐことに時間を使えます。
副業で商売していて自分で簡単に計算できる場合は10万控除や白色申告でいいかと思います。

対応地域はどこですか?

クラウドサービスを利用すれば全国対応可能です。
訪問のコース等は大阪、奈良、和歌山、兵庫です。

打合せは事務所でしなければなりませんか?

打合せ場所はもちろんどこでも伺います。

急いでお願いしたいのですが、対応してもらえますか?

今まで殆ど間に合わせております。ですが、当然無理なケースも当然あります。

事前知識がないのですが、大丈夫ですか?

できるだけ専門用語を使わないで説明するようにしております。

単発でもお願いできますか?

もちろん、単発でも依頼を受けます。脱税、粉飾以外のご依頼は受けるようにしております。

すべて経理の丸投げをお願いしたいのですが、可能ですか?

お金は少し高くなりますが、大丈夫です。5人未満の会社は丸投げした方がいいかと思います。
無駄な経理に時間を費やすのはもったいないと思います。

PAGE TOP